肩こり

肩こりに悩む女性の絵

大井町整体院では開院以来、様々な症状の肩がご来院されましたが中でもダントツのトップ2が、「肩こり(首こり)」と「腰痛」です。

病院で観てもらっても特に何もしてもらえず湿布をもらえるだけ。仕事中にぐるぐる肩を回しても、どうも効果を感じられない。そのような方が当院にご相談にいらっしゃる事が多くあります。

肩こりの症状とは?

肩周りの筋肉

両首筋から、肩~背中にかけ硬い、凝っている、痛いなどの感覚があり、酷い場合は頭痛や吐き気がすることもあります。
よくこるのは僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋などです。首筋から肩、背中(肩甲骨内側)あたりにかけて広い範囲でおこります。

肩こりになる原因はいくつもありますが、まずは疲労、猫背などの悪い姿勢、運動不足、精神的ストレス、運動不足、気温の寒さや冷房などによる冷えなどが原因になることが多いです。

重いものを持ったりして肩や背中に負担をかけて固くなるのは皆さんよく分かると思うのですが、実は運動不足、いわゆる「動かなすぎ」でも肩こりになってしまいます。

使っていないのに筋肉が固くなる?

肩こりは、筋肉が固くなって血の流れが悪っている状態です。血流を良くすることによって筋肉をやわらかくできます。

体を動かす際、筋肉が伸び縮みして関節を動かします。その伸び縮みのポンプ作用が働いて血流が良くなり、筋肉の柔らかさを保ってくれます。体を動かすことによって筋肉が柔らかくなるんですね。これを「動的ストレッチ」と呼びます。

ですが逆に「動かさない」事によって、ポンプ作用が十分働かず血流が悪くなり、筋肉が固くなってしまいます。

筋肉のコリは病気ではなく疲労みたいなものですので、放っておくと蓄積してどんどん固くなっていきます。症状もだんだん「だるい」→「重い」→「痛い」・・・と酷くなっていきます。

肩こりも一緒です。最初は肩がだるい→重い→痛い→しびれ→頭痛や吐き気・・・放っておくと大変つらい症状になってしまうこともあります。

さらに冷えも大敵です。冷えることに寄って血管が縮んで、血流が悪くなります。しかしこれらが原因の肩こりは、温めたり体を適度に動かすことによって柔らかくすることができます。もちろん体を動かすことはとても良いことなのですが、あんまりハードな運動も逆に体に負担がかかります。いわゆる「適度な運動」が一番体に良いのです。

では、運動しても温めても肩こりが全然取れない!という方はどのような原因が考えられるでしょうか?

普段の姿勢や生活習慣の問題

悪い姿勢が肩こりの原因かもしれません

・仕事で1日10時間デスクに向かってパソコン仕事をしている・・・
・睡眠が全然取れていない・・・
・子供と一緒に寝ているので身動きが取れず、朝起きると体がカチコチ・・・

皆さん、肩こり・首こりになるには必ず何か原因があります。基本的には普段の姿勢・生活習慣に原因がある方が多いです。

1日ずっとパソコンをしていると否が応でも姿勢が悪くなります。姿勢が悪くなると首や肩に負担がかかってこってきますし、ずっと緊張しているのでそれも筋肉を固くする要因です。

睡眠時間が取れない、あまり長く寝られない方も多いです。睡眠時間は体の休息時間ですので、休息時間が短いと、単純に体が回復する時間が短いということですから1日の疲れが全然取れずに次の日を迎えることになってしまいます。

これらは肩こり・首こりの原因のほんの一例です。

普段から姿勢に気をつけましょう

その方の生活環境によって色々な原因がありますが、当院では施術によって肩や首の筋肉をほぐすだけではなく、こういった生活環境のアドバイスなどもさせていただいております。

当院の施術と合わせてこういった生活習慣を良い方向に変えていければ、随分お体の調子も楽になると思います。

※肩こりの原因は様々で、こちらに記載されているのはほんの一例です。肩の痛みがあまりにも激しい場合は病院で検査してもらうことも検討して下さい。

 

詳しい料金とメニューはこちら

施術方法(トリガーポイントセラピー)についてはこちら

大井町整体院の住所と電話番号

メールでも予約できます

 

2016年12月8日

© 2020 大井町整体院